100年腐らない緑の柱『ハウスガードシステム』

樹の家工房では、安心・安全に末永く住んでいただきたいという想いから、耐震・耐久性にもとことんこだわり、ハウスガードシステムをおすすめしています。

ハウスガードシステムとは加圧注入処理という技術で生まれる腐らない木『緑の柱』を使用した家づくりです。
半永久的に新築時の耐震性を保ち、シロアリや腐れの被害がない、長持ちする家を実現します。

耐震

 

阪神大震災被害

半永久的に新築時の耐震性能を維持し続ける、住む人の命を守る家

地震や台風などの災害は、いつ起こるかわからないのに、減税の建築基準は新築時の耐震性能しか考えられていません。
ハウスガードの家は耐久性に優れた「緑の柱」を用い、長期に渡って耐震性能を保ち続ける家づくりが可能になりました。

阪神大震災で実際に倒壊した建物の大半がシロアリ被害や木腐朽被害などで強度が低下したことがわかっています。

ハウスガード

「緑の柱」が長持ちの家を実現します。

木造住宅の主要構造部分に「緑の柱」を使用します。耐久性に優れた「緑の柱」なら柱・壁・土台など、見えないながら住宅を支えている部分の腐れ・シロアリ被害の対策が万全となり長持ちの家が実現します。

 

長持ち

 

「緑の柱」の高い耐久性によって「腐れ・シロアリ」被害から家を守ります。

一般的に腐れやシロアリに強いとされるヒバ、ヒノキであっても実際に被害あいます。住宅用構造材をして広く使用されているホワイトウッド(集成材)は一番被害にあっています。優れた耐久性を発揮した「緑の柱」は被害にあっていません。「緑の柱」は「腐れ・シロアリ被害」から家を守り、家を長持ちさせます。

 

メンテナンスフリー

 

メンテナンスフリー

高い耐久性を誇る「緑の柱」だから柱や土台はメンテナンスフリー

 家を支える大切な柱や土台は「緑の柱」を使用しているので、壁や床を剥がして取り替えるなど、大掛かりなメンテナンスは必要ありあせん。リフォーム時に多額の費用がかかる恐れがグッと軽減されます。
床下部分は10年に一度、簡単で安全な防蟻処理を行います。非常にシンプルな方法で長期に渡って家を守ります。

  

樹の家工房では、『いま』だけではなく、何十年も先の暮らしを考えた家づくりを提案しています。

 

ハウスガード

ページトップへ